競艇・ボートレースは、ここ数年で売上だけではなく、新規ユーザーも爆発的に増えています。

テレビや動画のCMを目にする頻度が増えた事からも、どれだけ人気を集めているかが伺えますよね。

そんな流行りの競艇ですが、実は「ほぼ全ての人が勝てないギャンブル」なんですよ。

今回の記事では、競艇が勝てない理由とこのまま競艇を続けるとどうなるのかといった点をまとめてみました。

競艇は長期的に見ると確実に負けるギャンブル

競艇・競馬・競輪といった日本の国営ギャンブルは、海外のカジノとは少し違う特殊なギャンブルです。

海外のカジノは「ディーラー(運営)VSプレーヤー」といった感じで、ディーラーが損をする事も多々あります。

一方、日本の国営ギャンブルは、「プレーヤーVSプレーヤー」になります。

「じゃあ、運営は何をしているのか?」という疑問も多いと思います。

日本の国営ギャンブルは、自分の利益だけ確保して後はプレーヤー同士でお金を取り合う賭けの場を提供しているだけです。

なので、競艇で勝てるのは「運営+一部のプレーヤー」だけで、残りの大多数は「運営と一部のプレーヤーの利益を補うプレーヤー」となります。

もちろん、それ以外にも競艇が勝てないギャンブルと言われる理由は存在します。

国営ギャンブルの常識「回収率75%」

先程解説した通り、運営は「自分の利益を確保」しています。

競艇で言えば、各レースを締め切った後に、最初に「売上の25%」を運営が持っていっています。

この売上25%を選手の賞金や運営費に使っています。競艇は慈善事業ではないので仕方ないですし、当たり前ですよね。

残った売上の「75%」を舟券を購入したプレーヤーで奪い合うというのが、競艇というギャンブルです。

払戻金の総額が売上の75%しかない事から、競艇の回収率は「75%」となります。

回収率が75%という事は、数学的に考えると100円を賭ける度に「25円」を失っている状態です。

つまり、競艇歴が長くなればなる程、失っていくお金の金額が増えていくという事になります。

実際に、競艇歴が長い人ほど、生涯回収率が75%前後に集まっています。

今、競艇を辞めなければ、ドンドンお金を失っていくという事です。

本命決着が多いから一発逆転が出来ない

ある程度競艇で遊んだ事がある人なら知っていると思いますが、競艇は「本命決着が多いギャンブル」です。

インコースが強いレース場で12レース全てがイン逃げ決着となる事もそこまで珍しいものではありません。

「本命決着になりやすいなら当てやすい・勝ちやすいでしょ?」と考える人も多くいます。

しかし、本命決着が多い競艇ですが、3連単の平均的中率は「25~30%」程度だと言われています。

3連単の払戻オッズが10倍を切るレースも多いのに、本命狙いの舟券が3回に1回しか当たらないと大赤字になってしまいます。

また、この本命決着が多いといった特徴は「一発逆転が難しくなる」といった弊害も引き起こしています。

競艇では、大きくなった負け額を一発で取り戻す事が困難です。

穴狙いをする場合は購入点数が増えてしまう、本命狙いをする場合は1レースに数万円以上賭ける必要がある、と舟券が外れてしまうとさらに負け額が増える仕組みとなっています。

3回に1回当たるかどうかの本命狙いに1点数万円という大金を賭けるのは恐怖でしかないですよね。

競艇の本命決着が多いといった特徴は、大きな負けを取り戻せないといった大きなデメリットでしかありません。

競艇をこのまま続けていると不幸になる可能性が高い

今現在、趣味として競艇を楽しんでいるという人も多いと思います。

お小遣いの範囲内や生活に影響が出ない程度であれば、負けても楽しめれば良いといった考えなのかもしれません。

しかし、今は大丈夫でも競艇は続けると人生が狂う、不幸になると言われています。

実際に、長年競艇を続けてきた人の多くは「競艇なんて覚えなければ良かった」と苦笑いしながら後悔しています。

では、競艇をこのまま続けるとどうなるのか、多い実体験を例として挙げていきましょう。

ギャンブル依存症になる

競艇を続けていると気付かない間に「ギャンブル依存症」になってしまいます。

「自分は大丈夫だ!」と考えている人ほど、依存症になりやすいと言われています。

競艇のテレボートを利用して、ちょっとした空き時間に舟券を買っているという人も多いですよね。

その行動がすでにギャンブル依存症の第一歩です。

正常な判断が出来る状態であれば、空き時間に競艇をしようとは思いません。

仕事や勉強をしながら「後何分で休憩だから舟券を買おうかな」と考えていればアウトです。

テレボートのおかげで気軽に舟券を買えるようになりましたが、逆に依存症になる人が増えたとも言われています。

身近に舟券が買える環境がある事で、「辞めたいな」と思ってもズルズルと続けていく事になります。

競艇のせいで生活が苦しくなる

ギャンブル依存症になって毎日競艇の事を考えたり、頻繁に舟券を買うようになると生活が苦しくなります。

貰ったばかりの給料をたった数日で全て競艇に使ってしまうといった人も出てきます。

毎月どれだけ頑張ってお金を稼いでも、その大半を競艇で失ってしまう事になります。

生活が出来なくなり借金をする

ギャンブル依存症になると、ギャンブルに関する金銭感覚もおかしくなってきます。

競艇の1レースには数千円以上使えるのに、生活費は極限まで切り詰めるようになります。

貯金が尽きた事で目を覚ませば良いですが、多くの人はそれでも競艇を辞められず「借金」に手を出します。

勝てるハズのない競艇で勝つために、お金を借りるという最悪の悪循環に陥り、借金の総額だけがハイスピードで増えていくでしょう。

家族・友人が離れていく

日本は法律で「年収の1/3」までしか借金をする事は出来なくなっています。

借金が限度額に達すると、家族や友人にお金を借りようとするでしょう。

最初は、渋々お金を貸して貰えるかもしれませんが、徐々に周りから家族や友人は去っていくでしょう。

なんとなく始めた競艇にドップリとハマった事で、大切な人が離れていってしまったというケースは珍しくありません。

最後は競艇と借金しか残らない

競艇を続けて最終的にたどり着くのが「自分1人」だという事です。

借金をしてでも競艇を続けている姿を見た家族・友人とは疎遠になり、毎月の給料のほとんどを競艇で使ってしまい生活は苦しいままです。

何も残らなかった借金の返済に日々を追われる日々を過ごす事となります。

競艇を続けると最後に残るのは、人生を狂わせた競艇といつまで経ってもなくならない借金だけです。

自分は大丈夫!と思っている人ほど危ない!競艇は絶対に今すぐやめよう

以上が、競艇が勝てない理由と競艇を続けていった先に待ち受けている未来となります。

今現在は、趣味として小さな金額で遊べているかもしれませんが、ほぼ間違いなく賭け金は徐々に増えていきます。

競艇の怖いところは「知らない間にギャンブル依存症になっている」という点です。

依存症になってしまうと自分1人では克服する事が困難です。

「自分は大丈夫!」と思っている人ほど、依存症になっている事に気付きにくく、気付いた時には既に手遅れになっています。

「ヤバくなったら辞めれば良い」ではなく、競艇は絶対に今すぐ辞める事を強くおすすめします。