競艇には、様々な舟券の種類が存在します。

それぞれの舟券は、当たりの条件が大きく異なるので自分の予想方法・予想結果に合わせた舟券を選択する事が求められます。

そこで、今回はワイド(拡連複)の予想方法や舟券の買い方を解説していきます。

ワイドってどんな舟券?初心者向けの舟券ってホント?

競艇の「ワイド」は、「拡連複(かくれんぷく)」と呼ばれる舟券です。

競馬や競輪といった他の公営ギャンブルのワイド・拡連複と同様に、

「3着以内になる2艇を順位不問で当てる」

といった舟券になっています。

1点だけでも当たりの組み合わせが多い

ワイドの最大の特徴として「1点だけで当たりの組み合わせ」が多いといった点が挙げられます。

単勝や2連単・3連単といった他の舟券は、1点につき当たりは1つのみですよね?

しかし、ワイドは1点だけでも当たりとなる組み合わせが複数存在します。

例えば、ワイド「1=2」を買った時の当たりの組み合わせは以下となります。

1-2-全
1-全-2
全-1-2
2-1-全
2-全-1
全-2-1

とにかく、1~3着以内に1号艇と2号艇が入れば当たるといった感じです。

ちなみに、1レースでのワイドの的中は「1着+2着」「1着+3着」「2着+3着」の3点となります。

この当たりの組み合わせの多さに着目した競艇予想・舟券購入を研究している人もいるようです。

ワイドは競艇の楽しさを体感しやすい初心者向けの舟券

勝てる・勝てないは別問題として、ワイドは「競艇の楽しさ」を体感しやすい舟券となっています。

当たりの組み合わせが多く1レースで3つも当たりがある事、的中率が高く舟券が当たるというギャンブルの醍醐味を簡単に体験出来ます。

あまり多くの組み合わせを購入する必要がないので、ギャンブル初心者の人が不安に感じている「負け過ぎる」事もありません。

1着を予想する単勝や1着2着を順番通りに当てる2連単よりも、気軽に遊べるといった魅力がワイドにはあります。

競艇が気になるけど、お金が減るのが怖いという人はまずはワイドから始めるのも良いでしょう。

ワイドの予想の仕方は「1号艇軸」と「1号艇外し」の2パターン

競艇でワイドを購入する時のオーソドックスな予想方法として、「1号艇軸」と「1号艇外し」の2パターンがあります。

どちらも異なるメリット・デメリットがあるので優劣をつける事は出来ません。

自分の予想方法や好みに近い予想方法を選ぶようにしましょう。

1号艇軸のメリット・デメリット

ワイドの予想方法として最も多くの人が取り入れているのが「1号艇軸」です。

3着以内に入る2艇のうちの1つを「1号艇に固定する」といった考え方となります。

競艇は、他の公営ギャンブルとは異なり「1号艇が有利」だという唯一無二の特徴があります。

実際に、1号艇の1着率・連対率は、他の号艇よりも遥かに高い数値を叩き出しています。

ワイドでは、その事実を逆手に取り1号艇を軸に相手を探す事で「的中率を上げる」といったメリットが得られます。

レース結果一覧を見ると分かるように、競艇全体のレースの6~7割は1号艇が3着以内に入っています。

なので、ワイドの片方を1号艇に固定するだけで舟券の的中率は大幅にアップします。

しかし、ワイドの1号艇軸には「払戻オッズが低い」といったデメリットが存在します。

「1号艇が有利」だというのは競艇ファンの中では当たり前で誰でも知っている常識となっています。

他の人も同じように1号艇が絡む舟券をワイドを買うので、人気が集中して払戻オッズが低くなります。

レースによっては「1=2」や「1=3」のワイドの払戻オッズが1.1~1.3倍まで下がる事も珍しくありません。

1号艇軸でワイドを購入する時は、大きな勝ちは望めないといった点に注意しましょう。

1号艇外しのメリット・デメリット

ワイドでも出来るだけ大きな配当を狙いたいという人から支持を集めている予想方法が「1号艇外し」です。

3着以内に入る可能性が高い1号艇をわざと外す事で「少しでも高い配当が狙える」ようになります。

3着以内に入る2艇を予想するワイドならではの考え方でもあります。

1号艇が3着以内に入ったところで、残りの2艇を当てれば問題ありません。

2番人気と3番人気の組み合わせでも1号艇さえ絡んでいなければ、払戻オッズが2倍を超えてきます。

「2番人気or3番人気+5番人気or6番人気」という組み合わせであれば2連複よりも美味しいオッズになる事も珍しくありません。

当たりやすいのに、それなりの配当に期待が出来るというのが、ワイドの1号艇外しのメリットです。

1号艇外しのデメリットは、やはり「当たりにくい」といった点になります。

3着位内に入る可能性がダントツに高い1号艇を選ばない予想方法なので、的中率はガクッと落ちてしまいます。

買い方を間違えてしまうと、1点だけでも当たりやすいというワイドの魅力がなくなってしまうかもしれません。

ワイドを購入する時は基本1~2点で賭け金は1点500円以内

競艇のワイドを購入する時は、予想方法よりも「買い方」に気を付けなければいけません。

「基本1~2点」「賭け金は1点500円以内」という2つのルールを忘れないようにしましょう。

上記のルールを破ったワイドの買い方を続けると、舟券自体はそこそこ当たるのにお金は減っていくという結末を迎えます。

競艇のワイドで遊ぶ時は、正しい買い方を徹底しましょう。

トリガミにならないように基本1~2点しか買わない

競艇では、払戻金額が購入金額を下回る「トリガミ」が起きやすいギャンブルです。

特にワイドは、払戻オッズが低くなりがちなので1レースで3点以上を購入してしまうと、当たったのにマイナスという残念な結果になってしまう可能性があります。

せっかく競艇で舟券を買うなら勝ちたいと思うのが当たり前ですよね?

ワイドで競艇を楽しみつつ勝つためには1レースの購入点数を「1~2点」に絞る事をおすすめします。

1点だけ!ではなく1~2点にしている理由としては「荒れそうなレースや払戻オッズが人気割れを起こしているレース」であれば2点購入してもトリガミにならない可能性が高いからです。

逆に、購入を検討している組み合わせの払戻オッズが「2倍以下」の場合は、1点のみにしておいてください。

要するに「払戻オッズが2倍以下なら1点のみ、2倍以上なら2点まで」買えるという事です。

2点買う時にどちらか片方のオッズが2倍を下回っている場合は、2点購入する事が出来ないといった点に注意してください。

賭け金は1点500円まで

「ワイドでも1点に賭ける金額を増やせば当たった時の儲けが大きくなる!」

その考えは間違いです。

競艇の払戻オッズは、各舟券の売上と人気の偏りによって変動しています。

誰かが1つの組み合わせに大金を賭けると、その組み合わせの払戻オッズがガクッと下がってしまう事になります。

残念ながら競艇のワイドは、他の舟券と比べると売上があまり売上があるわけではありません。

平日のモーニングレースになると、1000円賭けただけで払戻オッズが変動する事も珍しくありません。

1点に大金を賭けてしまうと肝心の払戻オッズが1.0~1.1倍まで下がってしまいます。

なので、ワイドで大金を賭けて儲けを増やすというのはある意味不可能となっています。

オッズが下がり過ぎないように「1点500円」までを目安にワイドを購入しましょう。

まとめ

競艇のワイドは3着以内に入る2艇を予想する舟券です。

予想をする時は「1号艇軸」か「1号艇外し」のどちらかになります。

また、ワイドで勝つためには正しい買い方を覚える事も大切です。

ワイドは当たりやすく、お金がかからないといった特徴があるので、競艇に興味がある人はワイドで舟券が当たる楽しさを体感する事から始めてみてください。